元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方|こう送れば会いたくなる!

元彼に復縁したいと思わせたいけどLINEの送り方がわからない

元彼に「また会いたい」と思わせるようなLINEを送って復縁のきっかけを作りたいけど、どんな内容を送れば良いのか悩んでいませんか?

元彼に復縁したいと思わせるためには、LINEの内容だけでなく、LINEを送る前の準備やLINEを送るタイミングもとても大切なのです。

今回は、誰でもできる元彼に「復縁したい」と思わせるコツをご紹介します。

これから元彼にLINEを送ろうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒絶対に復縁したい場合の秘策

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方(準備編)

1.マイナスイメージを払拭するための冷却期間

男性と女性では、恋愛心理が全く違います。

元彼は振られた直後は、基本的には寂しさを感じず「やっと解放された!」と喜びでいっぱいです。

一方、あなたはというと、振られた直後が一番辛く、寂しさを感じ、仕事も手につかない状態です。

一刻も早く彼氏の気持ちを取り戻したいと思っていると、すぐにLINEを送りがちですが、元彼はあなたと別れて開放感を味わっているので、あなたからのLINEは迷惑以外の何物でもありません。

元彼と復縁したいのであれば、振られた直後にLINEを送らないようにしましょう。

男性には必ず「冷却期間」が必要です。

男性は別れた直後は喜びでいっぱいですが、別れてから時間が経つほど、元カノとの嫌な部分や思い出を忘れてしまうものです。

1ヶ月ほど経つと、別れたことを後悔したり、寂しさを感じたりするようになるケースが多いようです。

後悔や寂しさを感じる期間には個人差がありますが、1~3ヶ月と言われています。(長くて6ヶ月という人もいます)

そのため、復縁を望むのであれば、最低でも2~3ヶ月の冷却期間が必要です。

この期間は、元彼にLINEを送ったり、SNSの更新を一時停止したりするなどして、元彼に「何してるんだろう」と思わせないようにしましょう。

2.焦らず、のんびりと

元彼がどんなにあなたを嫌って別れても、時間が経てばあなたの嫌な部分は忘れていきます。

つまり、そのまま放っておけば、あなたへの気持ちは-100から-50になり、時にはプラスに戻ることもあるのです。

復縁したいと思うと焦ってしまいがちですが、とにかく気楽に構えていれば、復縁は成功しやすくなるのです。

3.愛され女子にバージョンアップする

あなたが元彼に振られた側である場合、元彼はあなたのことを「格下(都合のいい女など)」と思っている可能性が高いです。

基本的に、人は自分より少しレベルの高い異性を好きになる傾向があります。

そのため、彼が今のままあなたに惚れ直す可能性は低く、仮に復縁できたとしても、彼の扱いが荒いため、苦労する可能性があります。

彼があなたを見下すのは、あなたに自信がないからです。

振られるとさらに自信を失い、「自分は愛される価値がない」などと考えがちになりますが、モテる人は常に自分に自信を持っています。

自信のある女性は、男性にとって魅力的なだけでなく、大切にしたいと思わせてくれる存在になります。

⇒復縁をするための最後の手段

元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方(実践編)

1.LINEのアイコンで彼を釣る

男性は女性の2倍、一目惚れする確率が高いと言われています。

同一人物だと頭ではわかっていても、別人のように美しくなった女性に惹かれるのが男性の性なのです。

メイクやファッションの勉強をしないと大きくは変わりませんが、美しく生まれ変わった姿をLINEのアイコンにすることで、彼の興味を引くことができます。

彼は「あれ、元カノめっちゃかわいくなってない?ちょっと会ってみようか」と、あなたのLINEに返信してくれる可能性が高くなります。

2.返信をもらいやすい内容を送る

せっかく彼にLINEを送っても、一方的な会話で終わってしまっては、復縁どころではありません。

そのため、彼が返信しやすい内容や、会いたいと思わせるような内容を送ることが大切です。

以下のポイントを意識して、彼にLINEを送ってみてください。

(1)教えてほしい

LINEを送るときに一番返信をもらいやすいのは、相手に質問することです。

「彼女できたの?」など、元彼がまだあなたのことを好きであることを示唆するような質問をすると、無視される可能性が高いです。

例えば、元彼がパソコンに詳しいのであれば、「パソコンが異常に遅くて使いづらいんだけど、どうしたらいい?」などです。

ただし、すでに別れているのですから、「急にLINEしてごめんね」「他にパソコンのことを聞ける人がいないんだ」「パソコンに詳しいと思ってた」など、ワンクッション置くことを忘れないようにしましょう。

また、専門分野だけでなく、彼の趣味があれば聞いてみるのも一つの方法です。

(2)友人として食事に誘う

元彼と円満に別れた場合や、付き合う前から仲が良かった場合、冷却期間を置いて友人として食事に誘うのも一つの方法です。

その際、「また友達になりたい」「友達として会いたい」という姿勢でLINEを送ることがポイントです。
あるいは、共通の友人など数人で会うことから始めてもいいでしょう。

元彼も友達として大切にされたいという気持ちがあれば、一緒に食事に行けるような関係に戻れるはずです。

3.もう後悔していないことをアピールする

元彼に振られ、冷却期間を経た後、復縁したい気持ちをLINEで伝えるのはやめましょう。

この時点で彼に復縁の意思がない場合、あなたがまだ彼のことを好きだと知ると警戒され、友達として付き合えなくなる可能性が高くなります。

「友達にはなれない」と思うかもしれませんが、親友のような関係になれれば、彼にとってはあなたが唯一無二の存在になり、復縁どころか、結婚もあり得るかもしれません。

復縁を成功させるためには、すぐに復縁を望まず、まずは友達になることを目指しましょう。

4.長文LINEは重すぎる

自分の気持ちを綴ったような元カノからの長文LINEは、元彼からすると「重すぎる」だけです。

また、元彼も「ああ、まだ気持ちがあるんだな」と、復縁したい彼女の下心に気づく可能性も高いです。

どんなLINEを送っても、この時点では彼はあなたにとって他人です。

他の友人や知人に送るのと同じように、簡潔でシンプルなLINEを送りましょう。

5.よく知っている相手でも丁寧に

たとえ長年の知り合いであっても、別れた後は他人です。

そのため、相手に対して礼儀正しく、マナーを守ることを忘れてはいけません。

「夜遅くにごめんね」「忙しいのに返信ありがとう」などの礼儀は欠かさないようにしましょう。

6.連絡のタイミングが重要

復縁を成功させるためには、「連絡のタイミングが命」と言っても過言ではありません。

なぜなら、元彼があなたに対して悪い感情を抱いているときにLINEを送るのと、「寂しい」と感じているときに送るのでは、大きな違いがあるからです。

以下の絶妙なタイミングでLINEを送りましょう。

(1)元彼の誕生日

冷却期間を経て、元彼の誕生日が近づいてきたら、誕生日にLINEを送りましょう。

よほど嫌われていない限り、誕生日を祝われて嫌な人はいません。

しかし、この時のLINEはあくまでも元彼の誕生日を祝うためのものです。

間違っても、元彼と復縁したいという下心が伝わるようなLINEは送らないようにしましょう。

シンプルに「お誕生日おめでとう。素敵な誕生日を過ごしてね。」と、返信を期待しないようにします。

ただし、返信を期待しない場合でも、誕生日メッセージを送ることで、現時点で復縁の可能性がどの程度あるのかを知ることができます。

誕生日LINEを送ることは、彼の今の気持ちを知るためにも有効な手段です。

(2)元彼が弱気になっているときや、別れてから3ヶ月が経過しているとき

元彼が寂しさを感じているときや、元彼が弱気になっているときに連絡をすると、返信が来たり、会ってくれたりする可能性が高くなります。

特に、好きな女性に振られたり、合コンに行っても全然モテなかったりと、新しい彼女を作るのに必死な時は、「元カノはこんな俺を好きだったんだ」と思うこともあり得ます。

元彼と共通の友人や知人がいる場合は、元彼の状況を聞いて、連絡するタイミングを狙いましょう。

それでも彼の状況がわからない場合は、あなたへの気持ちが薄れ、寂しさを感じ始める、別れてから3ヶ月の間に一度連絡を取ってみると良いです。

元彼の気持ちを知って絶妙なタイミングでLINEをしよう

元彼に「復縁したい」と思わせるLINEの送り方についてお話ししました。

復縁を成功させるためのテクニックも大切ですが、それ以上に彼の今の気持ちを理解することが大切です。

⇒絶対に復縁したい場合の秘策