元カレとやり直したいと思っている女性もいるはず。……、そんな悩みを持つ女性もいます。

しかし、元カレと復縁したいと思っていても、タイミングやきっかけ作りを間違えると、疎遠になってしまう可能性があります。男性心理を理解し、自然なタイミングで元彼との復縁をスムーズに成功させることが大切です。

忘れられない元カレと復縁するためには?

元彼との復縁を成功させるためには、まず男性心理をしっかりと把握しておくことが大切です。まずは、男性に復縁したいと思わせるためのポイントを覚えておきましょう。

男性は嫌いな感情を忘れる生き物である

男性は、たとえ彼女のことを嫌いになったとしても、しばらくすると嫌いになった気持ちを忘れてしまう傾向があります。

女性は一度嫌いになると嫌いが残ることが多いと感じるかもしれませんが、男性は一時的に彼女のことを嫌いになったとしても、時間が経つにつれて嫌いの感情を消していく傾向があります。

そして、過去に付き合った女性をすべて「素敵な女性」と思って生活する傾向があります。

このように、復縁は男性が女性と復縁したいときよりも、女性が男性と復縁したいときの方が成功しやすいという点があります。元彼が女性を嫌いになったという感情が薄れるまで待った方が復縁しやすいのです。

復縁を打診するタイミングの目安は「半年後」。

別れる際、元彼が元カノのことを好きではなくなったということはよくあることです。実際に別れたということは、男性が心に傷を負っていたり、些細なすれ違いで嫌な思いをしていることが多いのです。

しかし、そのような感情は待っていれば薄れていくものです。時間が解決してくれるのです。その期間は3ヶ月から6ヶ月でしょう。おすすめは6カ月待つことです。

嫌いな気持ちが薄れるまでの期間には個人差がありますが、元カノへの嫌いな気持ちがいつ薄れるかは、実際に会ってみないと分かりません。

そのため、復縁するためには、しっかりと半年間待ってから、元カノと連絡を取ることをおすすめします。

待っている間は、元カノに連絡を取らないようにしましょう

半年間、元彼の感情が落ち着くのを待っている間は、彼に会ったり、連絡を取ったりしないようにしましょう。なぜなら、途中で会ってしまうと、嫌いな気持ちが復活してしまい、さらに嫌いな気持ちを忘れてもらうために、また半年待たなければならなくなるからです。

嫌いな人と毎日会っていたら、やはり嫌いになってしまいます。でも、長い間会っていないと、久しぶりに再会したときに、嫌いな人ではなく、知らない人になり、話してみると、いい人だったということがありますよね?

それと同じように、しっかりと半年を経過させることで、気持ちをリセットすることができるのです。

元カレとの復縁を成功させるための10のきっかけ
復縁の男性心理がわかったところで、元彼との復縁を成功させるためのきっかけをチェックしていきましょう。

半年間待った後、女性が自然体で元彼にアプローチする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。 小田さんに具体的なアドバイスを伺いました。

(1)元彼との偶然の出会いを演出する。

別れてから半年が経ち、元彼のSNSをチェックできるようになったら、元彼と会いそうな場所を歩いて、偶然会うのもひとつの方法です。

偶然であれば、会っても違和感がありませんし、「久しぶり!」と言い合えるでしょう。 久しぶり!」と声を掛け合うのも良いでしょう。

その場合は、しっかりオシャレをして出かけるようにしましょう。

5回くらいトライして会えない場合は、元彼の行動範囲を予測できなかったということなので、あきらめましょう。あまりやりすぎると、ストーカーのような思考になりかねないので、適度なところでやめることが大切です。

(2)元彼の誕生日にLINEを送る

元彼の誕生日に「おめでとう」とLINEを送るのも良い方法です。

元彼の誕生日は、元彼にとって幸せな日である可能性が高いです。また、いろいろな人がお祝いのメッセージを送ってくるので、その中に混じっているのは自然なことだと感じられます。

突然の連絡でも、自然な口実なので、元彼も受け入れやすいのです。

(3)キレイになった自分の写真をLINEで送る

元彼と一緒にいられたということは、あなたの見た目が好きだったということです。自分の外見を武器にするようにしましょう。大切なのは、彼にとってより魅力的な自分になる努力をすることです。

そのためには、ファッションを少し変えてみるのもいいですし、メイクを変えてみるのもいいでしょう。また、半年の間にスタイルを良くしておくことも必要です。半年間会わなくても自分を磨く時間はあるのですから、本当に復縁したいのであれば、努力して美しくなるべきです。

美しくなったら、元彼に自分の写真を送りましょう。

おすすめは、犬や猫などの動物と一緒に写っている写真を送ることです。こうすることで、動物が主役の写真で自分がサブのような位置づけになりながら、自然に自分の顔を彼に見せることができます。

メッセージは「ペットの○○ちゃんの誕生日だよ」とか、軽い感じでOK! (3)「お久しぶりです。

(4)元カレに「久しぶり!」元カレに「久しぶり!」。

LINEで元カレに送るメッセージは、普通の「久しぶり!」も良いでしょう。

返事がなければ、また3ヶ月~半年待って、そこでLINEを送りましょう。

タイミングが良ければ返信が来るでしょうし、機嫌が悪ければ返信が来ないかもしれません。それでいいんです。長期的なアプローチで復縁を目指したほうがいいのです。

(5)元彼に相談する

元彼がやっていた仕事への転職など、「本気」の相談をするのは良いことです。ただし、恋愛に関する相談は、変な駆け引きやこじつけが発生する可能性があり、面倒なのでやめておいた方が無難です。

また、中途半端な気持ちで相談すると、相手に下心を見抜かれてしまうので、真剣に提案して相談に乗ってもらうのがベターです。

(6)大変な日に彼を呼ぶ

もう一つの方法は、自分が辛い日に彼に電話をすることです。

相手の男性に「ごめん、本当は電話しちゃいけないってわかってるんだけど、今日は辛いんだ」と、頼れる人がいないから電話したというスタンスで伝えれば、彼も元カノを拒絶しにくいでしょう。

ただし、あなたが愚痴をこぼしているときに、元カノが「こうしたらいいんじゃない」とアドバイスをし始めたら、それはそれで問題です。彼がアドバイスをし始めたら、素直に「そうなんだ」と言いましょう。あなたは文句を言うために電話しているのではなく、元彼と話をするために電話しているのです。言い争わないようにしましょう。

そして、話し終わったら「ありがとう、スッキリした!」と元彼にお礼を言って、電話を切りましょう。

(7)連絡先を変更して元彼に伝える

元彼に伝える方法として、メールアドレスや電話番号の変更があります。

これをきっかけにコミュニケーションが始まることも多いようです。最近はメールアドレスはあまり使われないので、ある程度気軽に変えてもあまり問題はないでしょう。

また、どうしても変えたくない場合は、Gmailのメールアドレスを新たに作成し、こちらに切り替える旨を伝えておくと良いでしょう。ただ、古いメールアドレスはあまり使わないようにして、そのままにしておいても問題はないでしょう。

(8)元彼から借りたものは返す

元彼から借りたものは、復縁のタイミングまで取っておいて、「○○を借りたから返したいんだけど、どこに送ればいい? とLINEやメールで伝えましょう。

そうすることで、自然と情報交換が始まります。せっかくだから、会って返そうか? というように、自然と会うことになり、復縁の扉が開かれるでしょう。

(9)元彼とつながりのあるSNSに自分の写真をアップする。

できれば半年間はSNSを閉鎖し、自分の姿を見せないようにすることが大切です。半年が経過した後、SNSに自然に自分の写真をアップすることで、元彼の目に留まりやすくなります。

大切なのは、会わない期間中も自分の美しさやスタイルを保つことです。

前述したように、以前付き合っていた以上、ある程度は元彼の好みの外見をしていたはずです。そのため、自分の写真は武器になります。

そして、彼の投稿に時々「いいね!」をしましょう。たまに(1週間に1回以下)するのがポイントです。

(10)元彼を合コンに誘う

元彼に会う方法のひとつに、合コンに誘うというものがあります。そうすることで、彼に「楽しいこと」を提案することになります。

彼から合コンに誘われたら、「女友達から合コンに誘われたんだけど。 男4人集めてくれない?あなたが幹事になって女友達を集め、彼が幹事になって男友達を集めれば、お互いにコミュニケーションをとる機会が増えるでしょう。

また、合コンでは久しぶりに顔を合わせることになるので、それをきっかけに仲を深めることができます。

半年間の沈黙が復縁の鍵になる
元彼に復縁したいと思わせ、復縁を成功させるきっかけを作るためには、半年程度待って、元彼にとって自然だと思えるような口実をつけてアプローチすることが大切です。