女性のお泊まりデートのお悩み

女性のお泊まりデートといえば、思いの外何かとお悩みがいくつも出てくることが挙げられます。

しかし事前にお悩みをリストアップしたり準備、心構えをすることで、お泊まりデート当日に自信を持って臨むことができるようになります。

抱えている悩みやパートナーとの間の不安など、大抵のことは解決できたり悩まずに済みますから、しっかりと向き合って解決を図ることが大事です。

お泊まりデートは、普段見られない相手の一面を知ることができるのが魅力ですが、同時にこちらの秘密も知られる恐れがあるので、その点を念頭に対策する必要があるでしょう。

いびき、ムダ毛がダントツ

女性のお泊まりデートのお悩みランキング1位はいびきで、寝ている時に大いびきをかいてしまったらどうしようという悩みです。

普段は日帰りのデートばかりで、お泊まりデートが初めての場合だと、それまでに寝姿について知られる機会がないことからいびきの問題が大きな悩みになりがちです。

流石に部屋を別々にするわけにはいきませんし、かといって夜通し眠らないのも無理ですから、解決方法が見つからずにもうお手上げとなります。

とはいえ、いびきを理由にお泊まりデート自体をキャンセルするのはあり得ませんから、当日までに何とか解決策を見つける必要があります。

いびきはいわゆる生理現象の1つなので、それを根本的になくしてしまうのは不可能です。

その為、現実的にはいびき対策グッズを使用して、少しでもいびきを小さくするのが賢明だといえるでしょう。

ただいびき対策グッズでも完全になくすことは難しいですから、パートナーには前もっていびきのことを打ち明けておくことをおすすめします。

悩みの告白には勇気が要りますが、相手に言ってしまえば気持ちが楽になります。

いびき対策グッズを堂々と使うことができたり、多少いびきをかいてしまっても相手は許してくれるはずです。

⇒いびきや寝相がどうしても不安なら

2位のお悩みはムダ毛で、普段見えない部分に生えている体毛について見られたり知られてしまうことです。

誰でも顔や髪型には気を使いますが、見えない部分は手を抜いてしまったり、あまりお手入れをしないという人も少なくないです。

しかし、お泊まりデートとなれば話は別ですし、特に女性にとっては大きな悩みの種になります。

手足のムダ毛はセルフケアで何とかなりますが、毛の成長が早くて毛深くなりがちな人だと、朝ムダ毛処理をしても夕方には目立ち始めてしまいます。

夜には元通りということもあり得ますから、1日中恥ずかしくない状態を保てる対策が必要不可欠です。

ムダ毛のお悩み解決で現実的なのは、永久脱毛をしてムダ毛そのものの悩みを消してしまう方法です。

これなら急にお泊まりデートに誘われても問題ありませんし、そもそもムダ毛に一喜一憂せずに済みます。

首筋や背中など、セルフケアが難しい部分もつるつるすべすべになるので、永久脱毛は全身のムダ毛のお悩み解消の決定打になるでしょう。

ただ、永久脱毛は1回だけでは不十分ですから、長期にわたり複数回施術を受けることが必要です。

永久脱毛がまだの状態でお泊まりデートに誘われた時は、ケアグッズを携帯してこまめにトイレに行って、気になる部分をケアするのが無難です。

すっぴん問題、どうする?

3位はすっぴんで、普段メイク姿が当たり前の女性にとっては、メイクなしの顔を知られるのが大きな悩みとなります。

肌質に自信がある人ならすっぴん姿でも堂々と振る舞えるでしょうが、肌トラブルを抱えていたり、年齢肌が気になる人にとっては大問題です。

すっぴんというのは、普段の肌ケアや健康状態が肌にあらわれるので、メイクがないと隠すのは非常に困難です。

お泊まりデートとなれば、パートナーと接近したり顔を近づけることもあり得ますから、すっぴんでも大丈夫なように対策が欠かせないです。

お悩み解決のポイントはすっぴんの状態改善と、すっぴんに限りなく近いメイクで対応する方法にあります。

肌の状態には、長期的な影響に加えて短期的な影響が反映されるので、お泊まりデート前の1週間はせめて、夜ふかしや偏食を避けたいところです。

長年の生活習慣や年齢肌を簡単に変えることは難しくても、お泊まりデート前の生活習慣を見直すことは不可能ではないです。

またすっぴんに見えるメイクを練習しておき、当日短時間でお直しできるように腕を磨くことで、急接近して肌の状態が手に取るように分かる状況になっても安心です。

後はなるべく照明を薄暗くすること、顔を伏せたり抱きついて顔が見られないようにするのも有効なテクニックです。

⇒それでもすっぴんが気になるなら

4位は、男性よりも女性にありがちな便秘の問題で、トイレに長時間こもってしまうことです。

せっかく一緒にいられる時間が長く取れたのに、トイレの時間が長くて寂しい思いをする、これがお泊まりデートにおける便秘の悩みです。

便意は生理現象なので防ぐことができませんし、便秘は我慢すると余計に酷くなってしまうので、便意を催したら速やかにトイレに行くのが正解です。

ところが、便秘だと思い通りにトイレを済ませることができず、なかなかスッキリせずに気がつけば15分20分と時間が過ぎていることがあります。

自宅でしかも1人だけなら長時間のトイレも気兼ねせずに済みますが、お泊まりデート中のトイレとなると困ります。

お泊まりデートの時だけ都合良く便秘を解消することはできませんし、トイレそのものを我慢したり便意を無視するのも非現実的です。

便秘の悩みはパートナーに打ち明けて、頻繁にトイレに行ったり長時間こもる可能性があることを伝えておくのが良いでしょう。

隠そうとすると相手を不安にさせてしまいますから、思い切って打ち明けつつ、お腹を温めたり食物繊維の摂取やこまめな水分補給で対策するのがおすすめです。

5位はズバリおならで、ついついおならが出てしまいがちな女性にとって、お泊りデートは不安が増大する機会となります。

おならもまた生理現象で本来は恥ずかしいことはないはずですが、大好きな相手の前でおならをしてしまうのは、やはり顔が赤くなるほど恥ずかしいものです。

おならの原因は便秘や緊張、空気の飲み込みといったもので、便秘がちで緊張しやすい人ほど発生の頻度が多くなる傾向です。

つまり、便秘を解消して緊張を減らすことができれば、結果的におならの頻度も減るものと思われます。

空気については早食いを避けること、ゆっくりとよく噛んで味わうことを心掛けるのが良いです。

おならの悩みの本質は、おならをしてしまうことよりも、実はニオイの方にあると考えることができます。

可愛らしいおならなら笑って済ませられますが、強烈なニオイを伴うとなれば無視もできず真顔になってしまいます。

ニオイは肉や卵といった動物性タンパク質の摂取が多かったり、腸内の悪玉菌が多い場合に強くなります。

ニオイを解決するには動物性タンパク質を減らし、腸内環境の改善を図る為に、乳酸菌などの善玉菌を摂取するのが最適です。

睡眠の悩みが多い?

6位は口臭で、特に朝起きた時に臭う息がお泊まりデートの悩みの種になりがちです。

口臭を左右する要素は様々で、口腔内や胃腸の状態を始めとして、ストレスも関係するといわれています。

朝の息が気になるのは、口腔内の水分量が減って唾液が少なくなっているからです。

歯を磨いたり水分補給をすることで改善しますが、無防備になる寝起きに備えて対策するのは難しいです。

夜寝る前にいくら念入りに歯を磨いても、朝になれば口臭は強まり息に混じってしまいます。

対策方法としては、歯磨きに加えて歯間ケアも済ませ、噛んで飲み込むタイプのケアアイテムも使用する方法が有効です。

また、パートナーよりも早く起きるように目覚ましをセットしておき、寝顔にキスをされる前に起きて歯を磨くのが良いでしょう。

歯や歯茎の健康状態に問題がある人は、お泊りデートの前に歯科クリニックに出向き、治療を済ませておくのがベストです。

蓄積した歯石や不健康な歯茎は口臭を強烈なものにするので、しっかりと治療してからお泊まりデートに臨むと安心できます。

どうしても寝起きの口臭が気になる場合

7位は何といっても体型で、普段は衣服で誤魔化すことができても、薄着をしたり肌を見せることもあるお泊まりデートとなると問題が大きくなります。

お泊まりデートなのに着込んだり厚着をするのは不自然ですし、脱げば体のシルエットが出てしまうことは避けられないです。

ダイエットをするにもある程度の期間が必要で、お泊りデートの時だけ理想の体型になるのはもっと困難です。

体型の悩みについては下着の力を借りたり、ポーズの取り方を工夫して気になる部分を目立たなくさせるのが、効果的な解決方法となります。

最近の下着は補正能力が高く、元の体型とはまるで別人のように見せられる下着まであります。

勿論、下着でカバーできる範囲は限られるので、範囲外については他の方法で対策することが必要です。

ウエストまわりは、意識的に腰を捻ったり背中を反らすといったポーズを取ることで、くびれを作ったりメリハリをつけられます。

二の腕や太ももといった部分は、角度によって太さがかなり違って見えますから、一番細くなる角度で相手と向き合うのも対策として役立つでしょう。

8位は料理の腕で、パートナーから手料理を食べたいと言われてしまった時に、料理が下手なことがバレてしまう悩みです。

普段、料理を外食に頼ったりパートナーに作ってもらっている人は、いざお泊まりデートで手作りを求められると欠点が露呈してしまいます。

作るのが簡単な料理でお茶を濁そうにも、シンプルな料理ほど腕の良し悪しが出てしまうので困ります。

逆に凝った料理は難易度が高く時間がかかりますし、事前に何度も繰り返し練習しても、お泊まりデート本番となれば緊張して失敗しやすくなります。

料理の腕の悩みを解決するには、料理が苦手なことを告白した上で、教えてもらったり手伝ってもらう方向に持っていくことです。

これなら手料理を求める相手の希望を尊重しつつ、苦手な料理で失敗してしまうリスクを大幅に小さくできます。

事前に苦手を克服してから料理作りに臨むので、万が一失敗してしまっても許してもらえますし、腕を磨いて再挑戦するチャンスに繋げられます。

大切なのは変に隠したり恥ずかしがらずに、堂々と苦手を告白して笑い話に変えてしまうことです。

大好きな人の前だと良いところを見せたくなりますが、苦手なことを無理するとボロが出て余計に恥をかいてしまうので、大事なお泊まりデートでは無理をしないのが賢明です。

9位にはお気に入りの枕がないと眠れないという、一見すると子供のような悩みがランクインです。

旅行先で枕が変わると眠れない人は少なくありませんが、これはお泊まりデートも例外ではないです。

折角のお泊りデートなのに夜十分に眠れず、翌日寝不足でデートを楽しむどころか眠気との戦いに終始する、そんな2日目になってしまうのがネックです。

枕に限らず寝具というのは思った以上に重要性が高く、敷布団の肌触りや掛け布団の重さ1つでも、睡眠の質が大きく左右されてしまいます。

枕が合わなくて熟睡できないのは決して珍しいことではなく、環境が変わっても難なく眠れる人達と同じくらいに、枕1つで眠れなくなる人もいるわけです。

枕による眠れない悩みは全く恥ずかしくはありませんから、素直にパートナーに打ち明けて、枕を持参するのが悩み解決の答えとなるでしょう。

悩みを黙ってお泊まりデート当日を迎えれば、1日中就寝のことばかり考えてしまいますし、眠れなかったら翌日どうしようと悩みばかり深くなってしまいます。

それだとお泊まりデートが楽しめませんから、悩むよりも告白して枕を持参してしまうのが断然良いといえます。

枕の持参となると今度は枕カバーの悩みが生まれますが、眠れない悩みに比べれば小さなものです。

 

10位は寝相の悪さで、朝起きた時に掛け布団が吹き飛んでいたり、頭と足の上下が入れ替わっている人にとって無視できないです。

寝返りの回数が多く、ゴロゴロと転がって眠るくらいの寝相の悪さならまだ可愛いものですが、相手の掛け布団を奪ってしまうくらいになると問題です。

寝相の影響が自分自身に留まるとしても、頻繁に掛け布団を外してしまえば、パートナーは風邪を引いてしまうのではないかと心配になるでしょう。

このように、寝相の悪さは相手に直接迷惑を掛けるだけでなく、心配させてしまう原因にもなるので注意です。

寝返りや眠っている間の行動は無意識ですから、意識的にコントロールするのは不可能です。

お休み前に対策をしようにも、注意点を繰り返し頭の中で確認したり、気をつける心構えをする程度に限られます。

寝返りは浅い睡眠の時に起こりやすいので、深く眠れるように入浴したりリラクゼーションを図るのが得策です。

入浴はぬるま湯に長時間浸かり、お風呂から上がったらはちみつレモンやホットミルクなどを飲むと、睡眠の質が上がって寝相の対策になります。

それからお休み前にマッサージやリラックスをして、枕元にアロマを置けば完璧です。

ただし、対策が完璧でも完全に防げるわけではありませんから、パートナーに寝相の悪さを伝えておくことをおすすめします。

⇒いびきや寝相がどうしても不安なら

まとめ

女性のお泊まりデートには何かと悩みが尽きませんが、大抵の悩みは事前の準備で何とかなります。

悩みに多いのは生理現象が関わるもので、自分の努力だけではどうにもならないことです。

それでも、全く対策方法がないわけではありませんし、事前の準備や当日の心構えで解決するものも少なくないです。

欠点を知られる恐れのあるタイプの悩みは、パートナーに知られることでむしろお互いの理解が深まったり、絆が強まることもあります。

決して悪いことばかりではないですし、ネガティブをポジティブに変えることができれば、悩みに頭を抱えたり振り回されることはなくなるでしょう。

彼に未練がある!どうしても復縁したい