元彼に復縁したいと思わせるテクニック|復縁のきっかけを作るには?

元彼に振られると、どうしても後悔の念が残ってしまうものです。

実際、元彼と別れたことを後悔し、復縁を望む女性は意外と多いのです。

特に、誤解から別れた、遠距離恋愛から自然消滅した、冷却期間からマンネリ化して別れたなどの場合は、なかなか後悔もしきれません。

元彼と復縁する方法に加え、元彼とやり直したい、元彼に復縁したいと思わせたい女性必見の復縁の方法についてお話しします。

⇒絶対に復縁したい場合の秘策

元彼と復縁できる可能性はあるのか?

元彼に復縁したいと思わせる前に、まずは元彼と復縁できる可能性があるのかどうかを確認することが大切です。

実は、やり直しの可能性を判断するポイントは「別れ方」にあります。

元彼とどのような別れ方をしたかによって、復縁したいと思わせる可能性があるのかどうかがわかります。

素直に受け入れるきれいな別れ方をした場合

「彼氏の転勤が決まったけど、遠距離恋愛は無理」など、お互いに配慮しての別れもあります。

「別れた方がお互いのためになる」とお互いが納得していれば、2人が原因ではないケースも多いようです。

このようなきれいなが理由での別れ方であれば、元彼が復縁を望む可能性は高いです。

元彼に迷惑をかけるような嫌な別れ方をしてしまった場合

浮気や嘘、ドタキャンを繰り返すなど、あなた自身が別れの原因になっているケースもあります。

この場合、元彼に復縁を申し込んでも、「自分が原因なのに別れるなんて自分勝手だ」と言われる可能性があります。

元彼に復縁したいと思わせる確率は、きれいな別れ方と比べると非常に低いです。

しかし、可能性はゼロではないので、本当に復縁したいのであれば、諦めないでください。

元彼と復縁したいときにやるべき3つのポイント

それでも元彼と復縁したいのであれば、元彼に復縁したいと思わせるための行動を起こす必要があります。

行動を起こす前に、押さえておきたいポイントが3つあります。

元彼と復縁したいと思わせる成功率を上げるために、まずはこの3つのポイントを押さえておきましょう。

元彼と別れた理由を振り返ってみる

元彼と別れた理由が、2人以外に原因がある場合は、元彼がすでに復縁を望んでいる可能性があります。

一方、別れた原因が自分にある場合は、別れた原因について謝罪しないと復縁したいと思わせることはできないかもしれません。

元彼に復縁したいと思わせる行動をする前に、別れた原因を振り返ってみると、自分がどう行動すべきかが見えてくるはずです。

共通の友人に恋愛相談をしたり、恋人がいないか聞いてみる

元彼に復縁したいと思わせる行動をとろうとしても、元彼にはすでに新しい恋人がいる場合、復縁の可能性が低くなったり、三角関係になったりする可能性があります。

元彼と別れてから時間が経っている場合、新しい彼女ではなく、結婚していたり、子供がいたりすることもあります。

復縁したいと思わせるためには、堂々と行動できるように、元彼の現状を把握しておきましょう。

共通の友人がいる場合は、その人に相談して元彼の現状を聞いてみるのもおすすめです。

すぐに復縁を求めず、冷却期間を置く

すぐに復縁を求めず、冷却期間を置きましょう。

元彼と別れてからそれほど時間が経っていない場合、お互いにまだ気持ちが落ち着かない状態である可能性があります。

特に、別れの原因が自分にあった場合、元彼はまだ怒っていて、復縁したいと思わせるきっかけが全くない状態かもしれません。

別れてから時間が経っていない場合、別れの原因が自分にある場合はすぐに復縁を求めるのではなく、冷却期間を設けるようにしましょう。

⇒復縁をするための最後の手段

元彼に復縁したいと思わせる5つのテクニック

元彼に復縁したいと思わせるための行動を起こす前のポイントを把握したら、いよいよ行動に移しましょう。

元彼に復縁したいと思わせるための5つのテクニックをご紹介します。

元カレに復縁したいと思わせたい場合は、こちらのテクニックも参考にしてみてください。

自分磨きをして魅力的な女性になる

人はしばらく会っていないと、お互いの印象がぼやけてしまうことがあります。

それを利用して、元彼と別れたときよりも美しくなっていれば、再会したときに「こんなに綺麗だったっけ」と元彼に好印象を与えることができます。

元彼と復縁したい気持ちをモチベーションにして、髪型を変えたり、ジムに通ったり、魅力的な女性になるために自分磨きをしましょう。

SNSで充実していることをアピールする

たとえ疎遠になり、電話やLINEなどの連絡ツールを使わなくなっても、SNSを使えば元彼の近況を知ることができるような時代になりました。

元彼に復縁したいと思わせるSNSの活用法としては、自分が充実していることをアピールすることです。

趣味やスポーツを楽しんだり、女子会や合コンを楽しんだり、ジムに通ったりエステに通ったりして自分磨きをすることは、元彼に「充実した生活を送っている」「輝いている」とアピールできる方法です。

あなたの充実したSNSをフォローしているうちに、彼もあなたとの復縁を考えるようになるかもしれません。

自分の趣味を楽しむ

復縁したいのであれば、元彼に復縁したいことを悟られないようにしましょう。

元彼はあなたと復縁したいわけではなく、寂しい思いをしている場合、あなたが復縁したいと思っていることを知ると、都合のいい女として利用される可能性があります。

自分の趣味を楽しむなどして、元彼との復縁を考えていないことをアピールすることも大切です。

遠距離の場合は、直接会いに行く

転勤や転居などで遠距離恋愛にならないように、お互いのことを思って別れたカップルもいるでしょう。

元カレに「久しぶりに会いたいね」などと、さりげなく旅行のついでに会いに行くのも効果的です。

しばらく会わないうちに再会して、あなたへの気持ちが再燃する可能性もあるからです。

元カレと復縁したいのであれば、遠距離恋愛の時に会いに行くだけでもおすすめです。

合コンに行き、SNSにアップする

綺麗な別れ方をした場合、まだ友達として繋がっている可能性がありますよね。

その場合、元彼にとって、彼女は別れても大切な存在のはずです。

これからあなたに新しい彼氏ができるのであれば、少し心配になるかもしれません。

出会いがたくさん待っている場所に出かけて、彼の気を引けるかどうか試してみるのもおすすめです。

元彼があなたに興味を持ち、復縁したいと言ってくれる良いきっかけになるかもしれません。

元彼に復縁したいと思わせたいときにやってはいけないこと

よく考えて、やっぱり復縁したいと思った時でも、元カレに復縁したいと思わせるためにやってはいけないことをやってしまいがちです。

元カレに復縁したいと言わせたいなら、絶対にやってはいけないことがあります。

LINEや電話で連絡を取る

別れた後は、お互いにまだ気持ちが高ぶっていたり、引きずっていたりするので、お互いの気持ちをクールダウンさせる冷却期間が必要です。

冷却期間前に元彼にLINEや電話で連絡を取ると、落ち着いて話ができなかったり、元彼が電話に出なかったり、元彼がLINEを無視したりする可能性があります。

冷却期間中は、自分からLINEや電話をするのは控えましょう。

元彼に「復縁したい」と気付かせる

男女が交際するとき、女性は心のつながりも大切にしますが、男性は体のつながりも大切にする傾向があります。

元彼が「あなたと別れて体の関係を持てない女性が寂しい」と思っている場合、あなたが復縁を望んでいることに気づけば、都合のいい女にされるかもしれません。

彼に復縁したい気持ちを悟られるようなことはしないようにしましょう。

TwitterなどのSNSで「会いたい」とつぶやく

男性は基本的に束縛されることを嫌います。

また、女性と一緒にいるときは心地よく癒されたいと思っている人が多いです。

SNSで「寂しい」とつぶやいたり、LINEで元彼に長文を送ったりすると、「面倒な女」と思われることも。

元彼に復縁したいと言わせるために、寂しいという気持ちを直接伝えるのは逆効果になるのでやめましょう。

ストーカーのように元彼につきまとう

付き合っていた頃は好きだったとしても、別れた今、元彼はもうあなたの関係ではありません。

復縁したいと言わせるために、元彼の職場に押しかけたり、家の前で待ち伏せしたりするような行動は厳禁です。

元彼には元彼の生活がありますし、ストーカーのような行為は迷惑で迷惑で仕方ありません。

復縁の可能性が薄れてしまいます。

⇒絶対に復縁したい場合の秘策

元彼と復縁するための5つのきっかけ

元カレと復縁したいのであれば、元カレに復縁したいと思わせることが大切です。

実は、元カレに復縁したいと意識させるためには、きっかけを作ることができます。

元彼と偶然に会う

「別れをきっかけに恋愛の大切さを知った」という場合があります。

別れた後だからこそ、相手のことが気になるケースもあるでしょう。

ドラマや映画では、別れた後も気になっていた2人が、その後の再会をきっかけに復縁することが多いです。

同窓会をきっかけに復縁する方法もありますが、大切なのは「ただの偶然に見せること」です。

ストーカーのようにつきまとうのではなく、SNSなどで彼氏のスケジュールを把握し、偶然の再会を狙ってみるのはありです。

元彼の誕生日に「おめでとう」とLINEを送る

冷却期間を十分にとった場合、電話やLINEで連絡を再開することがあります。

その際、いきなり復縁を迫るのではなく、元彼の誕生日を利用した「お誕生日おめでとう」のメッセージがおすすめです。

冷却期間がある場合は、まだ自分のことを気にかけてくれていると思うと、元彼も嬉しくなるはずです。

元彼の誕生日が近くにない場合は、「あけましておめでとう」など、イベントの挨拶にするのも良いでしょう。

元彼から借りたものを返す

別れる前、まだ元彼から物を借りている場合があります。

まだ借りているものがある場合、借りたものを返すことで再会する口実にすることができます。

この場合も、冷却期間を設けておかないと、物を返すことすら拒否される可能性があります。

しっかりと冷却期間を設けた場合、借りたものを返すことをきっかけに再会し、復縁のきっかけになる可能性が高いです。

「どうしてる? と近況を聞く

冷却期間を経て、元彼に電話やLINEで連絡を取りたい場合、返信があるかないかで復縁の可能性を探ることができます。

復縁を迫るのではなく「元気?」などと元彼の様子を伺うような感じでお願いします。

元彼が落ち着いて、また連絡を取りたいと思っていれば、返信が来て復縁につながるかもしれません。

共通の友人に頼んで、グループで外出する機会を作ってもらう

元彼の性格によっては、元カノから連絡があっただけで身構えてしまう人もいます。

また、別れの原因が自分にある場合、そもそも会ってくれるかどうかもわかりません。

会ってくれるかどうかもわからないけれど、やり直したいという場合は、2人きりではなく、複数人で会うことをおすすめします。

共通の友人に相談し、元彼とグループで遊びに行く機会を作ってもらいましょう。

あなたと復縁したいのかも?元彼が復縁を望んでいるサイン

復縁したいサインを出す前に、元彼が復縁したいアピールをすることがあります。

男性が復縁したいとき、どのようなアピールをするのか、元彼があなたと復縁したいときに出す可能性のサインがあります。

元彼からLINEが届く

元カノと復縁したい場合、男性は自分の気持ちを確かめようとします。

急ぎではないにしろ、突然元彼からLINEが送られてきた場合、彼はあなたが返信するかどうか確認するために送っているのでしょう。

返信があればまだチャンスはありますし、なければ諦めるつもりなのでしょう。

元彼からの突然のLINEは、あなたと復縁したいというサインである可能性が高いです。

「別れてからうまくいってない」とアピールする

元カノと復縁したいと思っていても、元カノにすでに新しい彼氏がいれば復縁することはできません。

復縁を望んでいるのであれば、積極的にアピールできるように、今はフリーであることを強調するはずです。

ずっと新しい彼女ができない、すぐに別れてしまうなど、別れてから恋愛がうまくいっていない様子を見せたら、復縁を望んでいるサインと言えるでしょう。

悩みを相談されるようになる

男性も女性も、自分を頼りにしてくれる人は信頼できると考えています。

仕事や日常生活に関する悩みを元カノであるあなたに相談してくるということは、まだあなたを信頼している証拠です。

さらに、元彼がまだあなたに好意を持っているのであれば、あなたの相談に親身になって真剣に応えてくれるはずです。

相談に乗ってもらうことも、彼女を信頼していることを示すサインであり、元カノの気持ちを確認するためのものなのです。

元彼と復縁したい場合は冷却期間を置いてタイミングを見計らう

別れた後に復縁したいと思っても、別れ方によってはすぐに復縁することは難しいです。

長期戦になることは覚悟の上で、まずは冷却期間を置いてから行動に移すことをおすすめします。

さらに、復縁しても本当にもう別れないのかを確認した上で、復縁のための行動を取ると後で後悔することがありません。

自分にとってどの恋愛の道がベストなのか、よく考えて元彼との復縁に向けて動いてください。

⇒復縁をするための最後の手段